« 腰痛との決別思考 | メイン | 脊柱管狭窄症と脊髄硬膜動静脈瘤瘻 »

妊婦と腰痛。

121017.jpg

今日も既に相談があった。 産前産後の腰痛相談。 宣伝もな~んもしていないのだが、必ず常に数名いるのが妊婦の患者。

驚くかもしれんが、出産前日でも診る。 昔の先生は皆そうだった。 それがいつの間にか妊婦さんはお断り的な、腰が引けた治療家が多くなってしまった。 理由も原因も、十月十日後には無くなるのがハッキリわかっている妊婦の状態。 そんなのが診れないのであれば、他にもっと診れない症状が山ほどある筈だ。

それは当然、妊婦特有の留意事項はある。 それでさえも、どんな症状であれ当然ある事。 何も考えないで骨格だけ歪みだけ治す事など絶対に無い。

だが一つだけ、他より遥かに注意せねばならぬ事がある。 それは、妊婦さんは心身ともに非常にデリケートな状態に在ると言う事。 その心の揺れを理解出来ぬのであれば、産前産後の治療を受け止めるべきではないのである。 それが理解出来れば腰痛はもとより、肩コリ背中の張りは驚くほど速く、そして劇的に改善も出来るのだ。

文章に表記やテクニックでは無い、“ワザ”の問題。 出逢える事を祈る。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年10月17日 12:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「腰痛との決別思考」です。

次の投稿は「脊柱管狭窄症と脊髄硬膜動静脈瘤瘻」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36