« 全ての患者に個別作成 | メイン | ランナー、膝痛、ネット検索。 »

薬と機械では無く、手で治す。

121012.jpg

スポーツの最前線であっても、ナチュラルだヘルシーだアンチドーピングだと言っても、結局怪我して痛くなったら医者、注射、薬で。

なんか、こう、スッキリしないわ。

若い頃、そんな悩みを解決したのが徒手療法。 当然今でもそれらは治療の柱になっており、筋肉であっても骨であっても、グリグリゴリゴリボキボキ治す。 当然時間をかけ手を使い。

それとこの数年、徒手と言えば徒手なのだが、 with Partner でスタビやプライオ等、様々なファンクなるトレーニングをほぼ全ての患者の治療に取り入れている。 この動作改善の補助が痛みの改善と同時に、動作の質の改善によって再発防止に大きな威力を発揮する。

ただしそれらには診察診断力と共に、運動連鎖を正確に把握する能力が高く備わっていなければ単なる訓練や筋トレになってしまい、全くもって意味をなさないモノになってしまう。

膝専門、肩専門がイコール、スポーツ専門では無い。 安定性・動作性の連鎖を正しき見極めてこそ、真の運動療法、スポーツ専門となる。 

最近それらを学びたいといって、アルバイト希望でやって来る者が多い。 こちらも余力のある範囲で極力受け止めるように努力をしている。

患者はもとより、真の運動療法、徒手療法を、此れからも全力で提供していきたい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年10月12日 08:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「全ての患者に個別作成」です。

次の投稿は「ランナー、膝痛、ネット検索。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36