« レースの準備は万全ですか!? | メイン | 悪天候で患者は... »

明と暗なら暗で行こう!

120930.jpg

明暗を分けた一球などとよく言うが、人生自分が気が付かないウチにところで、明暗を分ける局面にで合わせていたりもする。 他人から見ればそれが良く分かる場合であっても、当の本人はどこ吹く風。

昨日も患者と、重大な事ほど本人が一番分かっちゃいないよなと話をしていた。 一般的な例で言えば煙草を止めなきゃいけない者ほど止めなかったり、酒飲み過ぎていても止める気なかったり、運動だってしなきゃいけない人間ほど運動やりたがらないし。 それが身体に人生に悪い事だと知っていても止める気無し。 まぁここで成人病予防について語る気は無いが、とにかく本人次第。

小生はトレーニングも運動も、子供の頃から一度もやりたい、楽しいと思った事が無い。 でも毎日トレーニングはする。 だって苦しいし、辛いモン。

よほどのへそ曲がりじゃ無い限り、運動は辛いがその終わった後の気持ち良さは誰でもがよく分かっている。 登山だってそうだ。 息苦しく辛くとも、山頂でも気持ち良さ、達成感は何ものにも代えがたい。

だから小生は朝目が覚めたら、トレーニングを終えた自分しかイメージしない。 少しでもトレーニング、ランニング、運動する前の自分をイメージしたら萎える。 よくスポーツ選手が勝つイメージ、ゴールするイメージを強く持つと言うが、基本それと同じ事。

鳴かず飛ばずのスポーツ選手、なかなか良くならない患者であれば、よう成果・結果が出るイメージをまずしっかり持つ事。 それと自分が今良いと思った選択肢じゃ無い方をとる思考が出来る脳を作る努力をするべきことである。 自分が今まで思っていた明と暗が、根本的に逆なのだと。

今まで自分か良かれと思ってやっていた事を、一度すべてリセットする。 初心に帰るとか心機一転と言うだろう。 新たな道を進む為には、新たな一歩を踏み出すのだ。 

小生が常に自分に言い聞かせている事。 それはやりたくない事順にやる!である。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年09月30日 08:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「レースの準備は万全ですか!?」です。

次の投稿は「悪天候で患者は...」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36