« アナタのVAS、目盛が根本的に... | メイン | 日本人の治療とケアの継続性について。 »

40代の運動習慣が一番その後の人生に!

120913a.jpg

今日はほぼコピペな内容になるが。

先月末、アメリカの「Archives of Internal Medicine」で、米テキサス大学サウスウェスタン医療センター(ダラス)内科学准教授のJarett Berry氏らによる大規模観察研究の報告が発表された。 その報告によると、フィットネスレベルの高い人では、寿命の延長だけでなく、慢性疾患の発症も遅延しており、その結果一生のうち疾患に悩む期間が短くなっていたという。

中年期のフィットネスレベルがもっとも高い人では、もっとも低い人に比べ、70歳以降の慢性疾患(アルツハイマー病、大腸癌、肺癌、うっ血性心不全、慢性腎疾患、慢性閉塞性呼吸疾患[COPD]、2型糖尿病、心疾患)の罹患率が低かった。フィットネスレベルが高いほど、平均寿命が長く、無病期間が長く、罹患する慢性疾患の数が少ない傾向も認められたそうだ。

小生もガッツリ40代。 日々コツコツ小一時間、身の丈に合った運動を行っている。 凄い事にチャレンジする必要性はまるで感じていない。 健康的で豊かな生活を送る為に必要な事。 勝ち負け、記録にこだわらず、幸せな生活を送る為。 

安全と健康は何よりも優先すべきもの。 欲に負けて不健康では元も子も無い。 日々一歩一歩、共に健康的に歩もうではないか。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!