« 盆明け毎年富士山へゴ―! | メイン | 集中的女子選手 »

富士登山とサプリメント

120822a.jpg

過去例を見ないぐらいの晴天に恵まれた一昨日の富士登山。 そのお陰で、コレマタ過去例を見ないくらいの日焼けに、スタッフ・友人一同悩まされている今日この頃でアリマス。


さて、異常ともいえる最近の富士登山ブーム。 小生達も他人の事は言えんのだが、未だ行った事が無い多くの患者からは、来年行くなら是非参加したいと幾度となく言われる始末。 しかし、行きたい気持ちはあれど心配なのは体力。 それと高山病。

毎年患者連れ、友人連れで十数名で登るのだが、その殆どが登山初心者にも関わらず高山病でリタイアしたのはほぼゼロ。 此れには小生なりのちょっとしたアドバイスを全員にしたせい。

それは鉄のサプリ摂取を勧める。 正確には小生が持参するので、一定間隔で皆に摂らせるのだ。

高地では気圧も下がり酸素も少なくなる。 すると脳は常に一定の血流量を保ちたい性質上、血管が拡張しさせ、それが頭痛へと繋がる。 100%防げる訳ではないのだが、軽減させる為に一番手っ取り早く効果的なのが鉄サプリの摂取なのである。 しかしこの事実は意外にも登山愛好家の間に未だ広まってはいない。

だからと言って鉄のサプリを取れば何でもいいとは限らない。 鉄は吸収が悪い上に、過剰摂取は大きな副作用も誘発する。 多くのサプリメーカーは吸収を高めた事を大きくうたうが、逆にそれが裏目にも出る。

まず鉄に限らず全てのサプリに言える事なのだが、原材料は必ずチェックして欲しい。 そのビタミンが無いから精製されたものなのかを。 当然天然素材が良いに決まっている。 巷に出回る多くの安いサプリが合成ビタミンなのだ。

それとその吸収のスピード。 剰摂取の恐れがある鉄分は出来るだけゆっくりと体内に吸収させることが非常に重要となる。 良いサプリと言うモノは6~8時間かけてゆっくりと鉄分が吸収されるよう、タイムリリース加工という特殊な加工を施している。これにより血中の鉄分濃度を一気に上げることなく、その効果・パフォーマンスを効果・効率的、継続的に発揮できるのである。 気休め摂取でサプリをとっているのならとやかく言わんが、スポーツやアウトドアの場面ではより質の高いサプリを是非選んで貰いたい。

当然小生が勧めるものは100%天然素材で、効果的に加工を施した物に限定している。 実は小生が前職で直接担当し、取り扱っていたもの。 当時大手デパートバイヤーと打ち合わせしたのが、未だに店頭で最上級商品として取り扱われているをみると非常に嬉しい。

治療と同じで、耳触りの良いキャッチコピーに騙されてハートを掴まれぬよう、気を付けてもらいたい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年08月22日 08:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「盆明け毎年富士山へゴ―!」です。

次の投稿は「集中的女子選手」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36