« 競泳の膝・腰スポーツ障害 | メイン | 腰痛ぎっくり腰スポーツ腰痛治療 »

目は口ほどにモノを言う

120629a.jpg

誰も読まぬこんな粗雑なブログを日々書いているが、ヘタな宣伝文句書くより100倍マシだと思っている。

数字は曖昧だが、何かで読んだ話しで、今現在東京のど真ん中で一日黙っていても入ってくる情報量は、100年前(?)の2000倍だと聞いた事が在る。  確かに昔は明日の天気も隣町の事件も、当然地球の裏側の情報など入って来る筈も無い。 

それが今ではどうだ!? 行った事も無いところや見た事も無い物、あった事も無い人の話まで入って来る。 しかも容易に。 それだけ多くの情報を無意識に処理している。

おそらくその情報の大部分は自分に直接関係の無いものだろう。 しかしそれを容易に身近に受け止める事が出来てしまう為、本当に大切なものかどうかの分別が曖昧に粗雑に、欲に任せて自分勝手な情報処理をしてしまっているのである。

小生の様な職業であれ、仮にそれが販売であれ飲食であれ、常識的な社会人の質を持ち合わせていれば何でもかんでも口コミサイトなどで検索したり、耳触りの良い言葉を並べた広告に惹かれたりなど決してしない筈なのだ。

最近多くの求人問い合わせがネット等でやって来るが、お互い会わずしても分かるものが在る。 職であれ治療であれレクリエーションであれ、正しい道を見極める。それは進みたい道と正しい道とは違うと言う事を理解せねばならぬのである。 真直ぐな道など決して無いのだから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!