« 筋肉痛に肉離れ、回復復活お手のモン!! | メイン | 転んですり傷切り傷、擦過傷。 »

筋肉痛・肉離れと乳酸

120607a.jpg

昨日の続きを少し。


筋肉がパフォーマンスを発揮出来ない、もしくは通常通りにも動かぬ状況下では、障害発症の確率は高まる。 では常にベストの状態を保つよう、努力をすれば良いのだ。

誰もが聞いた事が在る“乳酸”と言うもの。 老廃物な悪玉なイメージがあるが、本来はミトコンドリアで酸化され、エネルギー源として再利用されるものである。

安静時や運動強度が高くない時には、乳酸は産生されると同時に酸化されエネルギーとして利用されるので、血中乳酸は増加することなく平常状態を保っている。 この乳酸が溜まるか溜まらないかの境目の事を乳酸性作業閾値(LT)と呼ぶ。 持久トレーニングであれスプリントトレーングであれ、このLTを意識したトレーニングが大変重要となって来る。

LTの向上は、毛細血管の増加やミトコンドリアの増加やなどによって実現する。 当然運動能力が高いと言う事は、それだけ活性化された筋肉であり、動的にも静的にも不活性な状態より良い状況下である事は言わずもがなである。

高強度の運動でLTの向上や対乳酸緩衝能力が高まるのだが、別の角度から考えれば毛細血管などの発達を効率的に起こさせれば、高強度下で無くてもLTの向上もあるのである。 先日から話しているLSD(Long Slow Distance)がその典型例だ。

LTレベルで練習するとその増加量が最大化すると言われているミトコンドリアは、脂肪を使ってエネルギーを生み出す役割(酸化能力)があり、毛細血管の場合とは異なり運動時間も強度が高い分コンパクトである。

筋肉を活性させ、治癒や再生をより一層促す為には、押したり揉んだり、インソールにサポーター的な治療だけでは、たとえ痛みが取れたとしても筋の状態は前要件を考慮したプログラムとは大きく異なり、高い確率で再発してしまうのである。


真の運動療法、スポーツ専門とは一般診療より、非常に多角的な視線で取り組まなければならないのだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!