« 筋肉筋力、弱って細って超不安アスリート | メイン | 全く別ジャンルを理解出来るか否か。 »

人生の目標、治癒の次。

120425a.jpg

先日、知人と話しをしていて人生の目標について考えさせられた。

哲学的な事を書く気も能力も無いが、人は皆何かしらの目標を持って生きているものである。 たとえそれが行き当たりばったりの様であったとしても、本人が気付かぬだけである。

逆に自分はしっかり目標をもって生きている者ほど、その目標がズレてしまっている事も多い。 この場合は本人が気が付かぬのでは無く、正論正当化しているので前者よりタチが悪い。

生きて行く、生活していく為にある程度の収入、報酬は成人として当然の労働対価欲求である。 しかし作業、業務、仕事の達成と成功を、いつの間にか人数や金額の拡販拡充が最大の目標だとすり替わってしまっている。

一つ一つ丁寧な仕事より、効率や収入を重視した仕事を行えば行うほど、その仕事は匠の域からは遠ざかる。 誰でも出来る仕事へと成り下がる。 それでよい者はそれで良いのだが。

我々の仕事、患者側治療側、共に共通なのは “治癒” と言う事。 全ての目標は治癒にある。 我々の目標は患者の治癒。 それが全て。 患者の治癒の次で、下でいいのだ。 日々その繰り返し。

楽しみは治癒にある。 いつの間にかすり替わらぬよう、気を付けたいものだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!