« 運動療法専門施設とFloating Exercise | メイン | 両膝外側、下りで痛いランナーさん。 »

教員は何処でモノを買うか?!

120406a.jpg

春になり、いよいよ桜も咲き始め、いよいよ諸々シーズンスタート!

スポーツ、大会も本番で、元気いっぱいは良いのだが、毎年比例して痛い悪いの新患が大挙してやってくる。 その殆どが急性では無く、既に亜急性。 近所で数件診てもらってからがスポーツ愛好家には多い。  まぁこんな話し、「うちには他で治らない患者が沢山来るんですよ!」なんて何処の先生でも言う話し。 治す側の話しなどドーデモイイのだが、患者側はその様々な先生の治療をどう考えているのかが重要になって来る。

ウチの待合室にシューズが数足ディスプレイされているのだが、最近多いランナーの患者は興味深々にそれらを見ている。 そしてその機能性についての質問を小生にしてくる。

ここで重要になって来るのは、その商品説明では無く、患者個々に在った定義とテクニカルをどう提案できるかである。 昨日も少し触れたが、物の説明聞いて使い方覚えて、それをすぐ人へ伝えて。 此れがダメだと小生は言い続けているのだ。

他人へ物事を教える専門の職種は教員である。 学習と言う事に特化した経験を積まれた方だ。 それを趣味や仕事の延長線上で見聞き、身に付けた物事を、たかだか30、40歳の若輩者が専門の教員でも無いのに、他人へ教える立場へ疑いも無く立ってしまう。 非常に稚拙な伝言ゲームだ。

モノを買うのもそう。 不安なら店頭で物だけ見に行き、自宅へ帰ってネットで一円でも安いものを買う。売る側は買う側の何倍もの情報をもっていると言う事には興味も感心も無い。 むしろ自分の方がネットで情報得ているとぐらい思っている。

シューズでもテンピュールでもサプリでも、正直小生のところで買うより探せばネットの方が安いところはある。 しかしウチの患者はそのサプリを私はどう飲んだらよいのか、今の布団に不満はあるのだが枕と布団をどのタイミングで変えれば良いのか、練習とレースのシューズを極端に変えたら足に悪いのかと?どれとどれが良いのかと聞いてくる。

先日も7、8年前にどこかでテンピュールのマットレスを買って今でも使っていると言う。 しかしだいぶヘタってきたのでそろそろ買い換えたいと相談があった。  そもそもテンピュールのそのマットレスは15年保証が付いている。という事は15年は常識的に問題は発生しない筈。 事実小生もちょうど15年ほど同じマットレスを使っているが、まるでヘタリのカケラも無い。 しかし、それには当然日常の最低限の注意点は存在する。 自動車だってガソリンスタンドでの機械洗車と、丁寧に手荒いじゃキズの使い方も違ってきて当たり前。 ものを長く丁寧に使うか、使えるかは本人次第。  ちなみにテンピュール等のウチでの高額商品を買ってくれる人ほど、教員関係の人が多いのも、コレ事実。

安い方のスポーツクラブへ入会する。 私営区営の体育館は安いから行く。 病院を安さで決める。 正しい本質を見抜く価値観、身につけている先生に診てもらわなければ、治るものも治らん。 待合室に入っただけでも良い先生は見抜けるものだ。 と、昔の諸先輩に教わった事を今更書いてみる... 

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!