« 夜桜お花見ランニング!(麻生区柿生・新百合ヶ丘、鶴川周辺) | メイン | 幸せ報告、膝肘肩手足首全員完治。 »

36歳マラソン男子。

120331a.jpg

この一カ月間、何故か集中的にやって来る患者が36歳男子。 6、7人連続で。 しかも皆マラソン男子。 これがまた皆、とても気さくで性格の良い男子ばかり。

そもそもウチはどうやら知人の同業より、患者の男子比率が遥かに高いらしい。 若干、嬉しいのか何だか微妙であるが。(笑)

靭帯二本切れているのやら、半月板やら痺れやら。 それでも今週末マラソン、トレラン参加やら。

まぁ、それでも運動中止、参加中止させないのが小生の方針。 本人が出たいないものを無理矢理出ろとまでは言わないが、本人が出たいのであれば出る方向で治療もアドバイスも準備も提案する。

そんな彼らに最近よく言うのが、サポート系ぴったりコンプレッションウェアは暫く中止。 患者により症状により中止理由は様々なのではあるが。

しかしその理由をしっかり彼らに話すと、もの凄く理解する、出来るのがその世代。 年齢が上でも若過ぎても、まして多くのランニング女子は口をポカンとしがち。 5、6回で恐ろしく動きが変わると、目からウロコだと皆話す。

3月この時期の来院であれば、夏前にはまだまだ充分間に合う期間。 笑顔で全力で走れる動ける可能性を一緒に掴もうではないか!

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!