« 大宴会と臨時休診情報 | メイン | 救えないと思う時 »

運動中止とは絶対言わない。

120321a.jpg

治しに行き、先生に当たり前のように言われる言葉。

『暫く運動は中止して下さい』 と。

止めれるぐらいなら、痛くなってねぇーよ!! ってのが患者の本音。 そもそも止めるぐらいなら来ていない。

骨折でもしていたら、流石に小生も休ませるが、折れても切れてもいないのに休ませるのが仕事であるのか!?  何でもかんでも冷やしてテーピングで安静で、何がスポーツ治療と言えるであろうか?!

痛くないフォームを教える者もいるが、それは治療では無い。   指導。

仲間の同業ですら、じゃ何をするのか想像が付かないと言う。

簡単に想像が付く事でお金を貰ったりはしない。 それこそが生業でありプロなのだ。

過去、痛くてやって来る患者に運動中止と言った記憶が小生には無い。 


それが運動療法なのだから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2012年03月21日 13:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大宴会と臨時休診情報」です。

次の投稿は「救えないと思う時」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36