« マッサージでも整体でもカイロでも、何屋さんでもイイですわ。 | メイン | 2週連続週末一部休診でゴメンなさい。 »

業務と時間と人生の関係

120307a.jpg

やりたい事と、やらねばならぬ事の区分けを、どのように頭の中、自分の中で整理しているか。


社会人一年生の時、仕事とは業務改善であると教えられた。 初めはその意味すら分からなかった。

やりたい事はやる、やりたくない事はやらない。 これは子供でも分かる。  では、やりたい事だけどやれないケースをどう捉えるか? ココが一番大人は重要。  やりたくない事でもやらねばいけないと言う事、それらを乗り越える手法は人生の経験の中で常識的に学ぶであろう。 もっとも、それすら学べない輩がいる昨今でもあるのだが。

たとえば家が欲しい、車が欲しい、物を手に入れる為には何が必要か。  旅行や遊びに行きたいと思ったら何がまず必要か。 仕事でも家庭でも遊びでも、物事を思い通りに運びたいと思った事柄が遂行できない時、その理由が “時間のせい” だと微塵でも頭の中にあるかどうかで決まるそうだ。 これもまた教え込まれた。

それはいくらでも時間があるに越した事は無い。 しかしそれは不可能。 時間は作らねば無いと言う言葉ぐらいどんな大人でも知っているのだが、そもそもそんな気すら無い。 小生は時間が無いという言い訳を自分自身の中から排除している。

時間であれ何であれ、自分の中で問題を解決する努力。 それを常に自分以外のモノ、存在に頼って解決しようとする思考。 しかも出来ぬ時は今まで頼っていたモノのせいにする。

限られた時間、お金、状況の中で物事を遂行出来てこそ、始めて得られる満足感がある。 いつまでも親や先生、他人に知恵・カネ・時間を頼る人生では、一生自分自身を見つける事など出来ぬであろう。 よく出来て、一生他人のコピー人間どまりだ。


まず、時間が無いという言葉を自分の中から排除する事から、前進を始めよう。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!