« 誇りある選手、治療家、人生か! | メイン | 長年腰痛、膝肩関節痛で悩むアスリートの方へ朗報! »

自分で自分の事、人当たりが良いと言う人間。

小生の人生の中で、人当たりのイイ奴トップ2の話し。

一人は自分で自分の事、人当たりが良いと少し思っている奴。 もう一人はとっても良いと自分で思っている奴。 少し良いと思っている奴を仮にA、とっても良いと自分で思っている奴をBとしよう。

たしかに客観的には二人とも人当たりは良い。 でも何故かAの周りに集まってくる奴は、みな目が吊り上ったタイプ。 会社の社長も嫁さんも。 逆にBの周りの奴は良く言えばキャッチーな、悪く言えば無難なタイプ。 唯一共通している事は夢を語るタイプが多いと言う事。

Aの場合、周りの人間がアタマが良ければ、勢いで吊られてなかなか面白い人生を歩む。 ただし、馬鹿だった場合、Aは自分の当初の意向と全く違う方向へ流されてしまう。 だが基本、人が良いから相手の事は否定などしない。

問題はB。 コイツは特にタチが悪い。 自分の長所に平気で人当たりが良いと書くタイプ。 笑顔で仲良く出来ている、人の出会いは財産だ、一期一会を大切に、と本気で思って口に出す。  自分では自分は努力していて、勉強している、自分の力で人生を切り開いていると思っているが、何でも他人に頼った人生。 人伝に何かを紹介してもらおうと、融資で金借りて物事始めようと。 自分の身の丈で何も出来ないタイプ。 無いなら無いなりに、今現在の目の前のモノでやろうとは全く思えない。 だから結局、一生講習会マニア。 他人の情報の上に生きて行くタイプだ。


この10年で訪ねてきた前職同僚、以前の知り合いの内3名が、人の繋がりがとか勉強させてもらいに来ただと言ってやって来た。 身近にいるときはそんな言葉一度も吐かなかったクセに。 モチロンそんなに仲が良い訳では無い知人な感じ。


人を見抜く大人の目線をもった人間であれば容易に分かる。 その人間が信用に値するか、そうで無いか。 厳しいがそれが現実。 ただ日々、見栄も虚勢も張らず、等身大で生きて行くだけである。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!