« 口コミ、評判、検索サグリで見る目ナシ。 | メイン | 求人より遊びに来てね。 »

技とトレーニングじゃ治りませんって。

120208a.jpg

当然ウチは治す所デス。 元気な人ダケ相手にするスポーツジムじゃ御座いません。

痛い時に病院に行くのか、スポーツクラブに行くのか。 患者側からみれば至って簡単な事だが、事治す側、勉強する側になるとカナリ大間違い。

元気な人間相手に仕事したけりゃトレーニングの世界に身を置けば良いし、痛い人治したければ治療の世界に身を置くべき。 最近出会うスポーツ系治療を好んで取り組む人間に多いのが、鍛えれば治る的に考えていると言う事。 バランスが、荷重が、動作がと言って、単純に訓練していれば治ると思っている。 コレはかなりヤバい。

じゃ、治療の技術を身に付ければ? と思うが、コレもマズイ。 整体であれ、カイロであれ、マッサージであれ、教わったマニュアル暗記で忠実なら治せると思い込む。 不必要とは言わんが、自分自身の中にある落とし穴に気が付かぬ、セミナー治療家集団で自己満足。 あ゛ー、怖い怖い。

治療とトレーニングの両方でもあり、また両方で無いモノでもある。 明敏なトレーナーは、この行間的な所を確実におさえている。 完璧に。

上記の明敏なトレーナーに共通している事は、テレビや雑誌で見るウンチャラトレーニングや、酸素カプセル的なエビデンスに乏しい流行り物などは、一切取り入れる以前に見向きもしない。  流行り廃れに飛びついている時点で、自分自身に一本スジが無い証拠。

今の自分が何を目指し、そして何が必要なのかを見極められていないようでは、他人である患者の事など正しく見極められる訳が無い。 他人に頼らず、徹底して自分の内面を磨き、鍛えようではないか。 本物のスポーツケアが世に広がる未来の為に。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!