« 絶対ダメなスポーツ整形、治療院の見つけ方! | メイン | 歯科、美容外科の口コミサイトでもやらせ書き込み当たり前!! »

低血糖と臨床医

120114a.jpg

Wernicke(ウェルニッケ脳症)と聞き、何を思い浮かべるか? 普通は先ずアルコールだろう。

低血糖とウェルニッケとビタミンB1欠乏、これに5歳未満の子供を思い浮かべたらたいしたもん。  筋量、糖新生の問題で欠乏し易い。 腸の不具合なんかこれまたマズイ。

眼振や運動失調があれば分かり易いのだが、それ以前でどう予防するか、その可能性を所見や生活習慣からどう読みだすか? 当然治療であれば点滴よりワンショットなのだが、それ以前のレベルであれば、食事のアドバイスはサプリよりドリンク、少しでも吸収の早い方。 たとえば何でもかんでもサプリおススメでは無く、 『そのケースなら、運動後に野菜ジュース果物ジュース、トマトやパイナップルじゃないですか~』 という風になる。

この辺は経験値、臨床の数と問題意識の質に大きく左右される。 勉強だけの先生では無理であるし、だからと言って言葉だけの臨床家でもダメである。

根拠のある治療やアドバイスを出来るかどうか。 スタッフ達にはこの辺を楽しんで日々学んで欲しいものだ。