« 傷口は三年、すべては此処から始まる。 | メイン | 絶対ダメなスポーツ整形、治療院の見つけ方! »

学生にとって筋トレは筋力アップでは無い!

120112a.jpg

これだけ科学・医学が発達したというのに、未だ動作やパフォーマンスに問題があると筋力アップ、酷いと疼痛除去も筋力不足、筋力をあげろという。 何でも筋肉のせいの、体操のお兄さん治療家・トレーナーが多い。 先日も患者がスポーツを前面に出している、とあるハデハデ整形外科で不具合の相談をしたところ、あっさり筋トレと言われたらしい。 今年だけでも既に2件目。

別に筋トレを全面否定する訳では無い。 今どき患者、特に大人はこれだけ情報の多い世界なのだから、何の為にトレーニングをするのか、その意義を説明されねば納得などしないのである。 むしろ筋トレなどと言われたら、町営の安い体育館で自己流トレーニングで良いではないかと思ってしまう。 まぁそこで先日も書いたが、自分はちゃんとやってるのよ!な経済的余裕のある人間は高けりゃイイの的な流行りの最新ジムへ行ったりもする。 そんな商売、小生もやってみたい...

プロスポーツ選手を見れば分かるが、ゴルフでも野球でもサッカーでもランニングでも、優秀な選手はそうでない選手より、多くの筋肉が付いているのが必須条件なのであろうか? 自分より筋肉の無い人間は皆下手クソで痛くなるのか? 中・高生に筋トレはガンガンやらせるのが、本当に良い事だと思っているのかという事だ。

重要なのはパワーでもスピードでも無く、多くの動作・競技に於いてはそのコントロールが重要になって来る。 言わば体性感覚。  視床、大脳半球、小脳を、心身ともにトレーニングエラー5%範囲をどう考えるのか。 中心後回の領域、ブロードマンの脳地図を学んだ学生時代、一次運動野、体性感覚連合野・補足運動野をさんざん考えさせられ、動作カリキュラムを作らされた事を思い出す。 この辺は理学療法士・作業療法士さんがご専門なのだろう。

パワー、スピードでは無い、本当の意味の体性感覚トレーニングが、本年のウチの最大のテーマ。 今日朝8時から本格的にスタート。 動かないでは無い、動けないを改善させ、パフォーマンス向上も狙う。 此方としても楽しみな一年になりそうだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!