« 鎮痛・鎮静、痛みのメカニズム。 | メイン | 新年恐るべしパワーストレッチ… »

今年も一年、麻生理学ヲアリガトウ。

111230a.jpg

当院は本日最終診療日になります。 今年も一年ありがとうございます。

お陰さまで今年後半は新患さんも多く、そしてまた新たな患者層もありで、大変苦しいながらも前向きに取り組めた一年となりました。


そこで当院、小生なりの総括。


まず、圧倒的に小学生、中高生のスポーツを非常に熱心に取り組む患者さんが多かった事。 しかもその殆どが数か月も治らずやって来るケース。 本に書いてる通り、マニュアル通りの治療しか受けていないパターン。 大人と違う治療の工夫がゼロで残念。 コノ部分は昔、某外人トレーナーにも『そういう発想は無かった!』と言わしめた、子供も喜ぶ治療満載で。

次に、同じくスポーツを熱心にやってる患者なのだが、子供では無く、大人。 治せる治せないがキッパリ半分に分かれた。 これは症状では無く、性格。 昨日も書いたが毎月必ず一人来るのだが、基本熱心で集中型。 悪く言えば視野が狭い。 境目は前進する為の自己否定が出来るか否か。 出来ぬ者ほど、自分は出来ていると言う。 いやぁ~ホント、治せなかった。

もうひとつ今年の特徴は遠方からの患者が久々多かった。 地味~に場末で営む小生の院、人知れずコッソリで満足なのだが、ネットの普及か、はたまた小生のカリスマ性か!?(そりゃねーナ)、わざわざ遠いところから頭が下がる思いで感謝いたします。


最後に、これは一番大きかった小生的ナンバーワン出来事は、スタッフたちが大きくアップデートしてくれた事。 偉そうに振る舞ってはいるが、実は内心カナリビビりでヘタレな小生。 しかも過去に無く、様々な症状を受け止めざるを得ないケースも多く、そのいっぱいいっぱいな所をフォローしてくれた。 特に常勤している2名のスタッフに、この場を借りて感謝とお礼をしたい。 今年一年ご苦労様でした。 まっ、まだ今日一日激混みで残っているケドね。(笑)


多くの患者様にも多く教えられ、支えられた一年でした。 全ての患者様にも感謝とお礼申し上げます。
来年も更なる努力で邁進していく所存でございます。 来年も変わらぬご愛顧の程、何卒よろしく お願い 申し上げます。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!