« 今年最近昨今の整体院事情 | メイン | 鎮痛・鎮静、痛みのメカニズム。 »

何処へ行っても治らないほど治る。

111228.jpg

ウチだけに限らず、昔から我々のような民間療法院を訪れる患者の半数は、何処へ行っても治らないと言ってやって来る患者。 良くも悪くもあるが、ウチの場合は9割近くがそのケース。

有名な病院、色んな先生、名医だスゴ腕だと言うところへ何件も行ってやって来る。

治療の知識も技術も高いところへ散々行っても治らない。 


お陰さまでこんな不景気真っ只中でも、急性疾患でも無い者を無理矢理保険適応に突っ込んだり、癒しコースやバイトちゃんにサービスマッサージやらせて客寄せしたりもせず、こんな片田舎の場末の治療院でも、わき道逸れず治療一本で毎日予約が埋まっている理由は何であるか?!

ウチが何処よりも最新な高度先進医療を行う設備と知識・技術が備わっているかというと、そんな訳がある筈が無い。 書いていて自分が笑ってしまうほど愚問。


何処へ行っても治らないと言う患者に対して、一つ決めている事がある。  それは、 “アドバイスでは無く、提案だけをする” に徹している事だ。

アドバイスとは助言すること、勧告・忠告。 役に立ちそうな言葉をかけ、説きすすめ、心をこめて過ちや欠点などを直すように言う事 (三省堂「大辞林 第二版」より)なのだが、問題はそれらを患者が受け入れるかどうか。 どんなに正しい事を伝えたとしても、その情報が役に立たなければ意味をなさないのだ。

どんな治療しても治らない、良くならない場合、それは治らないのでは無く、治るのを何かが邪魔しているからなのだ。 誰にとっても目的は明確、それは良くなる事。 その為に今まで治らなかった事と違う角度から取り組む事が出来るかどうか。 技術・理論だけで治るのであればとっくに治っているのである。

我々がまず取り組まなければならない意識は、プライマリケアとしての自覚。 診断を診誤ってはその先には一歩たりとも進まぬのだ。 不治の病で無い限り、必ず治る糸口はある筈。 後はお互いが日々ひたすら、小さな事からコツコツと邁進するだけである。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!