« 最後に一言。 | メイン | Good-Bye同業者、Happy Lifeすべての人へ。 »

高尾トレッキングの本当の意味

111201a.jpg

早くも12月。 先月はなかなか面白い、楽しい1ヶ月であった。 患者的治療的にも勉強、経験、今後に繋がるものが多かった。 決して楽でたのしかったと言う意味では無い。 人数的にもそこそこ今どきを考えれば順調。 やはり暇より、スタッフもヤル気が出る。

月末にイベントもひとつやった。 高尾山トレッキング。  さてここで、何の為に高尾山トレッキングへ行ったのか?

小生の嫌いなブログの典型例、院内の植物ネタや食べ物ネタ、アットホーム感演出の家族ネタ。 来てクダサイ的な、直接治療に関係無いネタ多過ぎブログ。 100%ダメとは言わんがタマにはだよ、タマには。 どのイベントもそうだが、ネタ作りや患者みんなでアットホームにやってますよ~ナ為に毎回イベントをやってる訳じゃない。

当然イベント参加は任意だが、参加して頂く以上、此方側にはやるべき事が山ほどある。 単なるイベントの準備では無く、基本患者なのだ。 何処かに不具合があるのを前提で、終日一緒に行動をする。
今回も高尾トレッキング翌日より、参加者患者数名の治療プログラムを変更した。 ある女性の患者さんは、トレッキングの前半と後半で右下肢の動作に変化、内反・内旋が強く見受けられた。 他数名の患者さんにも、諸々普段気付く事が出来ない変化を見つける事が出来た。

イベントにはテーマがある。 イベント以外でも何でもそうだが、治療院である以上、すべてが治療に結びつかねばならない。 それを今居るスタッフは全員良く分かっていてくれている。 来年に向けて、更にパワーアップの最終準備の12月。 今月もサボらず、ズルせず、手を抜かず、パワー全開で頑張りますよー!!

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年12月01日 09:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「最後に一言。」です。

次の投稿は「Good-Bye同業者、Happy Lifeすべての人へ。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36