« 足底・足関節、膝関節を考える。 | メイン | スポーツクラブ、治療院が繁盛しない理由。 »

お抱え運転手、整体師、トレーナー。

111112a.jpg

バブルの頃、女の子を車で喜んで送り迎えする男子を「アッシー君」と呼んでいた。 既にかなり死語だが、今でもアッシー君は多く存在する。 いや、むしろ今の方が多いのではないか。 さらに派生種も多く存在し、アッシーママは当たり前の如く、アッシーパパまで存在する。 既にそこに父親としての威厳などは皆無と言っても間違い無い。 怖い父親像など過去の遺物なのだろう。

そもそもお抱えとはいったいどういう事なのか?! 通りすがりで乗せてもらうんじゃ、そりゃタクシーだ。 ハイヤー的なもの、専属的に主従関係がそこにあるもの。 ある意味ブルジョアちっくな状況でなければ、本来は不適切な話し。 偽物が背伸びしてお抱えを望んだとしても、付いてくるお抱えも所詮ニセモノ。

スポーツやケアの世界でも、最近お抱えトレーナー、マッサージ師なる者が多く現れたが、どうなのだろう?! 行きつけの店とお抱えの違い。 行きつけなどとは、コレマタ所詮、呑み屋と同じレベル。 お抱え呑み屋とは言わん。


さて、そこでお抱えと言う由縁。           わからん...  博学ナ訳じゃナイし。

落し物拾ってあげるレベルの気遣いではなく、落とす前からの気遣い、心遣い。 当り前な事をどれだけ多く、的確に気遣いするか出来るか。  治療やケアであればどれだけ先を見越した診方が出来るか否かで、本物ニセモノがかわってくる。 そもそも計画的に治療する信念があるのであれば、「また疲れたら、何かあったら来てくださいネ」などとは、口に出すだけでプライドズタズタな筈なのだが。

オバちゃんの肩揉み治療ならそれでも良い。 しかし今より動きたいと望むのであれば、インチキ・ニセモノは訪れ無くともすぐ分かる。


お抱え○○。 成るも抱えるも、ホンモノは少ないものだ...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!