« 膝関節痛で性格悪っ! | メイン | お抱え運転手、整体師、トレーナー。 »

足底・足関節、膝関節を考える。

111111a.jpg

ランニングブームの甲斐あってか、先日の湘南国際マラソン参加後の患者も数名やってキテマス。 ウチの患者にも参加者がいたが、逆に熱いぐらいであったそうだが天気が良くてヨカッタ。

昨日も触れたが、打撲・捻挫、怪我では無い障害、原因をどれだけ正しく考えるのか。 痛い場所だけ異常に執着、やれ筋肉だ靭帯だ軟骨だで、押して揉んで電気でテーピングなお決まりパターン。  コリャ痛みどっかいっても、原因不明瞭で繰り返すパターン。 

昔、我々がウケていたのが、歪みだバランスだと言って全身診ますと言っていたから。  だが精々やる事はボキボキやって、歩き方立ち方指導で訓練で。  今はソンなベタな考え、治療ではごまかせぬ時代だ。

で、いったい何をするか?!  具体例を珍しく挙げるとするならば、Balance board 。 乗って、立って、スクワットしか頭に浮かばないようでは、スポーツ・運動療法、治療は語らん方が良い。

Swiss ball もそうだが、海外で運動療法の現場でのBalance board の利用、位置付けは日本のそれとは比べ物にならないぐらい高い。

偉そうに語ってはいるが、正直小生もその高度な利用を、スタッフ全員になかなか研修するに至ってはいないのだが、それでもポイントは抑え、治療に組み込み、その重要性は患者にも伝えている。

地味ではあるが、その地味な動作が他の人間より出来てはおらず、筋力等でごまかした雑な動作で今日まで来てしまったツケが生んだ障害なのである。

小生、ウチの院では3ステップで、この手の症状に対する治療を組み立てている。 当然、期間は症状により個々に違う。 キッチリ3ステップまで行ける患者は100%治るのだが、10回程度、ファーストステップも終わらずでは当然治らぬ。 日常生活程度であれば数回で3ステップ刻めるが、マラソンしたい、毎日テニスしたいで、数回とはそもそも虫が良い話し。 1回でも受ければコッチは商売になるが、来る者拒まず、去る者追わずじゃ、プライドもクソも無い。

お金を貰う以上、責任はある。 治す側も治される側もコツコツ真面目が唯一の道。 自分自身からサボり横着を追い出さねば、Balance board Program は、そもそも成立しないのだから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!