« 新規顧客獲得より、大切なもの。 | メイン | 足底・足関節、膝関節を考える。 »

膝関節痛で性格悪っ!

111110a.jpg

落ちて転んでブツかって、打って捻って膝痛い。 意外と少ないこのパターン。 これ以外のパターンって、んじゃ、ナニ?!?!

その何かを正確に把握し、理解する事から始まり、エラーを修正する。

スポーツ、運動療法を語るのであれば、まずトレーニングエラーについて真っ先に考察出来ているかどうかで資質が決まる。 トレーニングエラーそのものを知らないようであれば、一から出直してこい!だ。

強度・時間・頻度をある一定のパーセンテージ内で均衡を取りながらトレーニングカリキュラムを作って行くのだが、怪我や病気で無いケースでの痛みは、必ずこの均衡が崩れているせいなのだ。

そもそもその均衡を崩している原因、その殆どは “欲” だ。 

好きな事はしたいが、嫌な事は避けたい。 しかもその事実を認めない。 という、お子ちゃま性格三段活用なのである。

今より前へ、前進したいのであれば、今までと違う事をしなければならないのは当然の話し。 しかし、していない人間ほど自分は努力していると言うからタチが悪い。

昨今パソコン生活に慣れた人間のせいか、エラーをエンター押すか如くリセット出来る気でもいるのか?! 

膝に限らず、関節痛全般だが、内視鏡ですり減って、削って治しマスを真に受けてるようじゃ、選手としての寿命も見えてる。 変えなきゃいけないのは膝でも関節でも筋力でも無く、その性格、考え方なのだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!