« 不明熱と関節炎 | メイン | 一年中多い風邪で安請け合い。 »

レッスンの継続性

111030a.jpg

年内3か月期間限定の早朝パワーストレッチ教室。 早くも1ヶ月が終了。  小生の予想に反してなかなかの盛況。 実はもっとソッポ向かれると思っていたのだが。

学生時代にアルバイト先の某大手スポーツクラブで、ストレッチの教室を週に3回持っていた。 コレが今考えるとダルダルダメダメだったと反省の日々。 それでも先輩は笑顔で、『お疲れさま』と見守ってくれていた。

決して内容について非難せず、 『今日の会員さん達は楽しそうにやっていたか!?』 とだけ毎回聞いてきた。 小生がイマイチの顔をすると 『そんな顔をするから、相手も楽しくなくなるんダヨ』 と、半笑い、半怒りの顔でメンチ切ってきた。  (俺の顔より、アンタの顔の方がよっぽどヒドイよ...  と思っても言えなかったが。)

それでも今でもその時、25年以上も前の事が、昨日のように思い出される。 いったい自分はこの数十年で進歩したのだろう?!  月日の流れははアッと言う間だ...

仕事でもレッスンでも治療でも、単発・今ダケなら何でも出来る。 しかし今良くても明日痛くなったら、今利益が出ても明日マイナスになったら。 仮に今日参加者が多くても、そのままダラダラ続けて自然と参加者、顧客が増えると思っていたら大間違い。 今日より明日、明日より明後日と更なる努力を積み重ねて、初めて成果・効果は右上がりになるものなのだ。 

新たなものを生み出す苦しみを、どれだけ理解・覚悟が出来ているのか!?  それが重要だ。

今日より明日、明日より明後日、より良い笑顔を見る為にどれだけ努力を積み重ねるか。  是は本来、子供の頃のスポーツで身につけるモノ。 その経験が無い者に、こんな話しをしても理解は出来ぬかもしれないのだが。

提案する側もそうなのだが、提供を受ける側にも同じような事が言える。 

“継続” とは何なのか?!  将来成功を掴みたいのに、年々も痛いのに僅か5回10回で頑張った、継続したと本当に心底思っているとしたら、話すだけ無駄な事だ。

目で見える表面の継続だけでは無く、水面下での更なる努力。 スタティックストレッチ否定派の小生だが、改めて考えさせられる。     本日もレッスンご参加の方々有難うございました。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年10月30日 08:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「不明熱と関節炎」です。

次の投稿は「一年中多い風邪で安請け合い。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36