« 満員御礼パワーストレッチ | メイン | スポーツトレーナー、アスレティックトレーナーってナニ!? »

バレエダンサーと前十字靱帯断裂

111023a.jpg

膝を痛めてやって来るサッカーやテニスの選手に痛めた経緯を聞く時、気になる事が一つある。  それは前医院で同じ説明をした時、動作とイメージの差異を聞いていないと言う事。  こう動いたから痛めた的な話しは誰でも言えるが、その差異に関しては依然丁寧に伝える事はしてないようだ。

数年前の話しになるが、某有名男性バレエダンサーが稽古中に膝の前十字靱帯を切る怪我をしたと報じられた。 そのインタビューでご本人は 『高く飛びすぎた』 と話していたのを小生も聞いた。

さてここで膝関節過荷重と十字靭帯について。  十字靱帯には前十字と後十字があるのは素人でも聞いた事があるだろう。 膝関節を屈曲した時、大腿骨(太ももの骨)は脛骨(すねの骨)に対して前方へすべり落ちようとする。 基本、そのストッパーになっているのが大腿四頭筋腱に付着、埋もれている俗に言う膝のお皿の骨。 それとともにその前方への滑り、脛骨的に見れば後方へ変移する(ずれる)ことを防いでいるのが後十字靱帯である。
前十字靱帯はその逆で、同じ様に脛骨から見れば脛骨が前方へ変移する(ずれる)ことを防いでいる。 当然膝のうしろにはお皿も何も無いのだから、その負担は後十字靱帯より遥かに多いと推測される。


もう一度膝の動きに戻ってみよう。 高くジャンプをすればするほど、着地時の膝屈曲にかかる衝撃、負担、負荷は増える。 当然大腿骨は強く、大きく前方へと滑ろうとする。 もしもこの時、ちょっとしたタイミングのずれで大腿四頭筋等の収縮が遅れ、膝のお皿、膝蓋骨がストッパーの役割を果たさなかったら、その負荷を後十字靱帯が一気に荷ってしまう事になる。 当然切れるのは後十字靱帯。

小生はそのバレエダンサーを問診も診察もしていないから断定はできんが、 もし本当に高く飛んだせいだと仮定すると、ココで矛盾が発生する。 実は偶然にも、その彼が入院している病院に、丁度同時期に膝を痛めた小生の患者も入院、リハビリをしていた。 お陰で見てはいないが、どんなリハか状況かはホンの少しだけ聞く事が出来た。

仮に高くでは無く、遠くへ飛び過ぎたとしよう。 その場合、着地時、足部は予想以上に遠くへ着地してしまう事になる。 想像すればゾッとするほど、膝は逆ゾリ状態、過伸展になってしまう。 着地時、上方から下方への負荷かがかかった状態での過伸展では、大腿骨は脛骨に対して後方へと滑る事になる。 当然切れるのは前十字靱帯。

小生の記憶では確かその後、代役に立てたダンサーも同じく膝の靭帯を痛めたと記憶している。

もしそれが高く飛んだせい、高く飛んだせいと思い込んでいたら、それは高く飛んだせいでは無く、遠くに飛び過ぎたせいであろう。 そもそもバレエのジャンプはハイジャンプ的なものでは無く、応力・床反力を上手く使って、長く空中にに留まっているように見せる為のジャンプなのである。


憶測を多分に含んだ、小生の空想ストーリではあるが、可能性は無きにしも非ず。 もしも、代役に 『遠くへ飛び過ぎるな』 とアドバイスがあったら事故の再発は防げたであろう。

膝の靭帯にかかわらず、怪我をしたスポーツ選手に対して一番大切なところは其処にあるのだ。 今回の内容を読んでいて気が付いた者もいるかとは思うが、先日足関節捻挫の項でふれた、刺激反応スピードを意識した筋トレでは無い、理学ケアを日ごろから行っていたら、大腿四頭筋等の収縮のズレも起きなかっただろうし、結果膝蓋骨がシッカリストッパーの役割を果たし、スポーツ選手の後十字靱帯断裂も激減するだろう。


よく考えてみれば同じ内容を数年前当時も書いた気がするが、にわかトレーナーあがりで治療を行う者が増えた昨今、選手、一般人問わず、患者も詳しくなって欲しい。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!