« 最新テニスエルボー治療 | メイン | ホントにダメだって。 腰痛すら治せないぞ! »

スポーツ関係を辞め、治療に専念した理由。

111014a.jpg

もうかれこれ会社を辞め14、15年が経つが、この数年で知り合った同業の者から時折『何故、スポーツメーカーを辞めたのか?』と質問される事がある。

正直、社会人として“働く”と言う事に関しては、ずっと後悔している。 

それでも辞めた理由。

それは、ただ単純に “治したい” 、それだけだ。


同僚、知人・友人全員に、スポーツ選手は紹介しないでくれと頼んだ。 たとえ来たとしても特別扱いは出来ぬし、フツーの町のオバちゃんと同じ扱いしか出来ぬと。 しかも過去何十、何百人もの選手が耳触りの良い言葉に惹かれて、スポーツ専門などと謳う病院・治療院を渡り歩くのだ。

そんな紹介、縁故の情報が入り、渡り歩ける者は良いが、街の一般人には基本その術は無い。 だから心底困って頼ってやって来る。 真剣に頼ってやって来る者と、明らかに治療が続かぬ者、どちらに全力を尽くすかなど、無駄な問答である。  残念ながら昨今、素人でもインターネット等で繋がりなど無い薄っぺらな情報を、縁だと思い渡り歩く者が増えてしまった事に嘆く。


良い仕事をする事に人生を傾けるか、カネの為か、楽をする為か。  初めは皆、良い仕事をと言う。 しかし経済的な問題が発生すると、その本筋が金儲けへと変化してしまう。 しかもその事実に本人も気づかぬままに。 そもそも楽をしたいと言う人間は問題外なのだが。

誰でも楽はしたいし、お金だって欲しい。 しかし、自分の人生の本質は何処にあるのか!? その道を踏み外してはならないのだ。


良い治療とは何なのか?! 最大のテーマだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!