« 地元商店大先輩の男気 | メイン | 小学生・中学生・高校生の可能性。 »

20代、30代、ア~ンドそれ以降。

110928a.jpg

ウチには現在6名のバイトちゃんがいる。 平日は暇なので全員週末要員。 まぁそれでも小生入れていつもの3名で100人まではこなせるのだが。 患者100名でスタッフ5名以上などとは問題外。 質も業務改善意識も低い証拠。 そもそも100名取らんし、来んが。

その二十歳チョイのバイトちゃん達を見ていて、最近思う事がある。 他の世代より携帯電話やパソコンへの執着が少ないのだ。

おそらく彼らは、もの心ついた時には携帯電話やパソコンが当り前のように身の回りにあったのだろう。 どうらやその価値観は限りなくテレビと同じレベルのようだ。

40代半ばの小生が社会人になりたての頃は、まだパソコンなどはワンフロア、もしくは一部署で1、2台程度であった。 社内の多くの者がパソコン導入に戸惑い、従来の業務をどうOA化するか試行錯誤していた。 結果、全員が必然的に業務改善と言うものを身をもって経験していった。

逆に小生の世代より一回り上の世代は、最新機器に直接翻弄する事無く、ただただ自分の経験で業務をこなし続ける者が数少なくなかったのも事実。

さて、ココで一番問題なのは30代。 多少の年齢前後はあるが、得てしてパソコンや携帯機器の使い方、位置付けが間違えている。  おそらくそれは、学生時代とは全く違った環境が、彼らの就職時期と大きくカブったせいだろう。

今までに無い新たな機器、武器を手にして仕事を行う。 むしろ武器を手にして仕事をするのが当たり前であり、自分の実力と武器の実力を大きく混同して職務に付き、業務能力を自分の実力以上に理解してしまっているようだ。 結果、他の世代より異常に機器への依存が高くなってしまっている。

それもまた時代と言えば時代であるが、ツイッターなどの様な、たまたまつぶやいた軽薄な発言を元に、軽薄な人間関係を構築していく事に何ら疑問すら感じないのである。

30代に限らず、正確にはどの世代にも数パーセントは必ず居るであろう、そのような人間。 全ての世代、全ての人間がその軽薄さに染まる前に、今一度人の繋がりとは何なのか? 仕事、営みとは何なのかを考え直さねばならぬ時代なのだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!