« 独立開業、達成感と充足感。 | メイン | 地元商店大先輩の男気 »

肩を痛めるタイプと肘を痛めるタイプ

110925a.jpg

痛くも悪くもトラブル不具合全く無い人間を、肩を痛めるタイプと肘を痛めるタイプに分ける為に、まずどのような所に重きを置くか?


姿勢チェックで身体の歪み?!     う~ん、整体的。

反応・反射で検査マニアで、ハイみっけ。     カイロっぽいね。

筋硬結で、あとはハリ一発ダヨ!     サスガ鍼灸師!!

動いて歩いて解析して。     PTっぽい、PTっぽい。

可動・柔軟、後はモーションキャプチャー。     最新スポーツトレーナーさん。


これが肩・上肢で無くても、下肢でも殆どが同じパターン。 なにか、どっかで教わった事が頭の中の全てだと、この域を出る事は無い。 重要なのは、自分の特定の知識に患者を当てはめる事では無く、患者から何を学ぶかと言う事。 情報、データを頭に入れるのが勉強では無く、その得たデータから何を学ぶかが、初めて勉強となるのだ。


例えば今回の肩。 幾つかのパターンの上肢の動きをしてもらうとしよう。 痛ければ当然だが、痛くなかったとしても理想の動きをトレースできない部分が必ずある筈。 そのトレースできない理由から、過負荷部位を見つけ、将来的な障害部位を特定する。 しかし必ずしも過負荷部位が障害部位とも限らない。 

予測が出来たら、回避も分かる筈。 正直是らは本や学校で学ぶ事はほぼ無い。 あるとすれば臨床の場。 やって来る患者、何百何千という被験から痛みのパターンを見出す。 そして予見する。


防御は最大の武器。 その防御を持たずして、治す武器ばかり会得しようとする。 子供に刃物を持たせて振り回させるようなものだ。 完璧とはいかないにしても、その精度は日々上げる事は出来る。 何事も、日々毎日の積み重ねが大切なのだ。 本気で学べる人間を目指して。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年09月25日 09:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「独立開業、達成感と充足感。」です。

次の投稿は「地元商店大先輩の男気」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36