« 勉強しないでもアタマは良くなれる! | メイン | 延べ一万人の施術経験はゼロに等しい »

徒手療法と運動療法、どちらが良いか?!

110915a.jpg

時折、徒手療法と運動療法、どちらが良いのかと言う質問をスタッフ、同業から受ける。 何が聞きたいのかは分かるが、分かるが故答えたくなくなる。

徒手療法とは何か、運動療法とは何なのかを今一度考えさせる。

ある特定の種目、カリキュラムの運動をさせるのが運動療法と思っているのであろうか?! もしそうだとしたら、その時点で答える気は無い。

スポーツクラブへ通く患者に昔から言い続けている事だが、何を基準にそのスポーツクラブを選んだのかと。 

元気であるのならどこへ行っても良い。 知識があるのなら尚更どこでも良い。 しかし今より上を目指す、ましてや痛み不具合があるのであれば、安近短で楽しい所などと言う基準で選んでる時点で問題外だ。

当然、本来はソフト、指導者で選ぶモノ。 その為には自分の気持ちが求めているモノと、身体が求めているモノの差を修正せねばならぬ。 そして本当に自分が必要なものが見えてきたら、其れを満たしてくれる指導者がいる所を選ぶ。 此処から先は我々、指導者や治療家の真価が問われる。

楽しく、面白い指導・治療で会員、患者を誤魔化す事は出来る。 しかもちょこちょこっと本で読んだりした事を語れば、『あの先生詳しくて勉強家』などと思われる。 まぁ、痛みであっても自然治癒傾向が強い症状が多い整形外科疾患では、そんな指導・治療でも単純に時間が解決したりするが。

多くの場合、患者は自然治癒だろうが何だろうが治れば良いとも言う。 だがそれは10年20年後、大きな代償となって現れる事が多い。 それらを見越して治療、指導するのが、薬・注射を打ってお終いでは無い我々の仕事なのだ。

徒手療法、運動療法にその差は無い。 どちらが良いのかなどと言っている時点で論外。 机上の理論で徒手療法と運動療法の違いを語る者もいるが、真の運動療法は、ほぼ徒手療法なのだ。 例えばただ絵を見せ、見本見せ、説明してスクワットを教えたとしよう。 そんな事はどこの施設だってやっている。 それ以外、その先の一声、ひと手間が運動療法に於いて最も重要なのである。

運動療法で治らないのは種目に問題があるのでは無く、指導者そのものに問題があるのだ。 其れは徒手療法であれ同じ事。  諸君、本やパソコンを捨て、自分のアタマを自力でアップデートしてくれ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!