« 地元先輩の男気 | メイン | 野球少年、サッカー少年。 »

勉強好き、資格好き、トレーニング好きな奴。

コレ、意外と真の体育会系、体育学部な人間には居ないんですわ。

小生過去学生、社会人時代通じ、この手の出逢う人間全員体育学部、真の体育系では無い奴ばかり。 全く違う勉強していて、趣味で運動、好きなようにってパターン。

根性据えて、集団行動で、周りの人間を第一って環境で育ったケースでは無い。

この5年10年で多いのがボディービル筋トレ系な人間。 ベンチ150ぐらいでやっているとは胸張って言えんが、小生も多少はトレーニングぐらいする。 筋トレが悪いとは言わないが、自己満足系な人間が多い。

昨今、そんな人間が治療の世界でもチラホラ見かける。 コレがまぁ~資格好き。 勉強やトレーニングに金と時間さけるぐらい、基本ボンボンなんだろう。 貧乏で労働が基本だった若い頃の小生とは真逆なのは間違い無い。

学生時代の友人でスポーツ、トレーニング系の人生を歩んできた者がいる。 確かにそれはそれで彼の経験。 しかし基本元気な人間相手中心にケアやトレーニング指導しかしてきていない。 本人の興味も元気な相手が中心。  ここで最近の傾向。

大学病院のスポーツ外来は勿論、都心などにあるメジャーなスポーツ専門系治療院からのセカンドオピニオンが多くやって来る。 小生のような場末の治療院に何を求めているのだろう。 その患者が求めている物、不安で不満で患者はやって来るのだから、先ずそれを理解する。 しかし、得てして患者自身が口から出す事自体が間違っているケースが殆ど。 その、患者自身が分かっていない事を引き出し、導き出す事が重要。  これはスポーツ選手より一般人の方が遥かに難易度が高い。

最近の世界陸上で突然注目を浴びている “スタビライゼーショントレーニング” などもそうだか、ヨガやストレッチと同じでやりゃ良いってモンじゃ無い。 体幹の意味、トレーニングそのモノの意味意義、それらをどうやって患者とすり合わせるか。

知ってる知識の一方通行な治療ではイカンのだ。 最新の知識・技術は医師、大学病院に敵う訳が無い。 戦いどころを間違えてはいけない。 スタビライゼーションについても含めて、この先はまた今度。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年09月04日 08:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「地元先輩の男気」です。

次の投稿は「野球少年、サッカー少年。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36