« 電子マネー取り扱い開始! | メイン | 合宿専門治療アリマス »

スポーツトレーナー経歴

経歴や取得資格をズラズラ書く輩を、小生は昔から信用しない。  10数年前、某スポーツメーカーに在籍時、アメリカ人のスポーツトレーナーを名乗る男と話す機会があった。 会社に自分を売り込みに来たのである。 当時、そのアメリカ人トレーナはTVに良く出ており、スポーツをしない者もその顔を良く知っているぐらいであった。

外人も含め、海外で活躍するトレーナーが知人に数名いたので、その経歴にある資格を確認してみた。 驚いた事にその資格の半数以上が民間の資格、もっとストレートに言えば日本の整体師の資格より酷い、勝手に作って書いたものであった。

そもそも我々のように人の健康に携わる仕事で、医師以上の資格免許は存在しない。 マッサージであれ何であれ、ある医師からは皆無資格に等しいと言われた事がある。 キツイがいい得て妙だ。

多くの患者は病院で治らないと言ってやって来る。 医師以上の知識は無いのであるから、知識で勝負する時点でナンセンス。 理論や知識では無い所で戦うのだ。 

患者だって医師以上の資格が無いのは分かっている。 だから医師以下の資格を書いたところで、賢い患者にとっては何の魅力も無い。 薄っぺらい患者であれば話しは違うだろうが。

先日も僅か2、3年のプロチームでのトレーナー経歴を武器に商売をしている者と話す機会があった。 僅か2、3年。 しかも基本相手は若くて体力もあり、例え怪我をしていたとしても概ね一般人より健康。 何を指導、ケアしたところで本人達にヤル気が満ち溢れている。

ところが一般人はそうはいかない。 運動した方が良い人間ほど運動する気が無い。 年齢も生ざまで、完璧受け身。 前向きで無いのに何しに来たのか?! と言いたくなるほど。


何で見抜き、何で勝負するのか!? 賢いか賢くないか、本物か本物では無いか。 鼻先上っ面はすぐ分かるものだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年08月11日 09:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「電子マネー取り扱い開始!」です。

次の投稿は「合宿専門治療アリマス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36