« 野球少年にテニス少女 | メイン | プロ野球、プロサッカーJリーグスカウトマンに学ぶ »

先延ばししても良い事は何一つ無いと、スペイン偏。

今日はちょいっとネットのコラムを一部引用で申し訳無い。


“TOMORROW is often the BUSIEST DAY of the week.”

スペインの格言で、何でもズルズルと先延ばしにしがちな心を戒める言葉。 すべてを次の日に回してしまうと、単純にストレスも増えて時間が無くなる、という意味でもるそうだ。

「明日が週で一番忙しい日かもしれない」の格言は、「明日が一年で一番忙しい日かもしれない」とも言われる。要するに、今日できることは今すぐやれということ。早めにやっておいて損することはほとんどありません。できることはすぐにやってしまいましょうと、コラムには書かれていたがまさしくその通り。

やる事、やらねばならぬ事が雪だるま式にどんどん増えていくのだ。 しかし、その増えていく事実から目を逸らす者も多い。 犯罪・悪い事以外やって損は無い。 良い事はどんどんやるべき。 フツーな常識な事も先送りにせず今すべき。 自分勝手、身勝手、我がまま主観で自分に都合良い行動ばかり取っている人間はダメなのだ。

スポーツでもトレーニングでも治療でも何でも同じ。 『今は大丈夫』と先延ばしすていると、近い将来、身体は確実に低下・老化・悪化の一途をたどる。  痛くないから、悪くないからと言ってケアもせず、落ちていった選手を何十人と見てきた。 特に若い選手の場合、その正しい行いを妨げるのはたいてい大人。 良い方向へ導くのも大人。 世界、国は違えど人間は同じ。 自分自身を戒めて行動していきたいものだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!