« 患者の来させ方、行き方。 | メイン | 先延ばししても良い事は何一つ無いと、スペイン偏。 »

野球少年にテニス少女

膝、股関節痛が集中ですね、スポーツ学生さん。

この時期、合宿や大会目白押しで若いといえども流石にハード。 

どうしても大会前に合宿前に何とかして欲しいと駆け込み出た状態。 ソリャ、ナンとかしますがな、商売デスから。

ただ間違えちゃいけないのが、あくまでも大会に出れる、合宿へ行けるように、行って悪くならないように治療するダケ。 決して根本治療する訳では無い。  この違いをキッチリ出せるかどうかが、スポーツ専門治療と言える所以なのだ。

先日も曲げれない膝の患者。 踵がちっとも臀部に付かない。 取りあえず踵がお尻に付くようにだけは処置。 だいぶ曲げれますよ、だけど痛みは残りますよ。 今週末はソコソコ動けますが、後は気合いでお願いシマス。

治療とケアの意識の違い。 我々が一番やらなければならないのは曲げる為の技術では無く、その意識の違いの大切さを伝える事。

インチキ体育系ノリ治療院では100%無理。 頑張りましょうよ、お互いに。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!