« 治らぬ腰痛=診察力 | メイン | 腕・肩・手の痺れ »

最近の同業者からのメール

同業者ムキな裏話を、裏で無いトコに書いてみる。

先週今週と何故か午前の部が大混雑。 年寄り、老人患者が殆どいないウチとしては珍しい。 平日午前で40~50人来れば大恩の字。 20~30でもスリッパ無くなり大慌てレベルなダメ治療院でお恥ずかしいが。 あぁ、もちコレ保険外診療の人数ネ。 基本、保険診療の人数は頭数に入れて考えない主義。 急性疾患限定な診療なのだから、不正請求するような悪徳院で無い限り安定して読める人数な訳が無い。

保険診療換算だと午前だけで120~130人。 ウチは保険外を3人でこなす。 週末は多少忙しいのでPT君達が助っ人で来るが、通常は小生込みで3人。 120人を3、4人のスタッフでこなしている接骨院なら流石的だが、7~8人以上いるのなら廃業した方がマシだとハッキリ言い切る。


最近ブログ経由で同業者から週一の割合でメールが来る。 コレマタもちろん知らない同業から初めましてメールが。 意外に皆、フランクな内容なのでコチラも気楽だが、本当のところ聞きたくても聞き出しにくい内容が前述のような所だろう。 まぁ、隠しても始まらないのだから書ける範囲で書いてみたが。 多少見栄も入っているとして読んでみてくれ。(笑)

あまり技術的な質問は無いが、診断や診察のスキルアップについての内容は多い。 この件については小生もその答え、方向性を見出すのに10年近くかかった。  どこぞの若い衆のように、さぁみんなで勉強しましょう会発足しますよーなどと、そんな器では小生は無い。 いやいや、30年ぐらい経験積んだら話は別だが、5年10年で出来るなどとは、皆さん相当お利口さんなのだろう。 全くもって小生には手の届かないレベル、      だと思う。

先日も地方で開業している30代の治療家から、いつもブログ読んでますと言うくだりからのメールがやってきた。 もっとも恥ずかしいパターン。 粗雑乱文な、アホ丸出しブログ、承知で書いているのだから仕方な無い。 と言うよりタチが悪い。  反省しますわ、今後少しは内容を。

東京に行く時は寄らせて下さいと、恥ずかしいが嬉しい内容。 ボロくてお見せするほどの院でも無いのだが。 まぁ、昼は激旨な、小生は日本一だと勝手に思い込んでいるチキンかつ定食ぐらいごちそうしますから。


てな感じで今日はオチも何も無い内容...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年07月22日 12:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「治らぬ腰痛=診察力」です。

次の投稿は「腕・肩・手の痺れ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36