« デブとの永久決別法 | メイン | 何事もバランスが大切 »

敵も作らず味方も作らず

110706a.jpg

何故だかこの一ヶ月、数年振り再来院患者が多い。それも1、2年単位では無く5年10年と言うモノ。

昨日も06年以来5年ぶり再来院の男子。当時は大学生だった彼もガッチリ立派なイケメンに。 いや、以前からイイ男ではあったが。

実はその彼、鎌倉と言う小生のところからはかなりの距離に住んでいる。 それが面白い事に2年程前、たまたま所用で出かけた藤沢駅前でバッタリ遭遇。 他人の顔と名前を全く覚える気が無い小生が一瞬でウォ!っと。 大好きな患者は自然と覚えてるモンなのですわ。

先月も開院当時以来の再来院の女性が。 ご夫婦で来て下さっていて、戸建も建てたと思ったら転勤で。 『院長、戻って来たら必ず来るからね』と言われ十数年。 その人の家の近くの道路を通る度に、あ゛~やっぱり社交辞令だったか...と思う日々。 それが突然の再来院。 いやぁ~、思いは通じるモンですナ。


その昔諸先輩達に『いいか、患者は治っても来ないし、嫌われても来ない。だから追うな!』と教えられたが、それでもガッツリやってやろう! 初っ端気合いでやらねーでいつ気合い入れんダ!!とばかりにやっていた。 例えそれが空振りに終わろうと、損しようとも。 まぁ、多少はその気合いが効を奏したのか。


昨今患者や知人友人、周りの人間をよく観察していると、“損して得取れ” など一切出来ぬ人間が多い。 コレもまた当の本人は全くそうは思っていないのだが、結果的に損をしている事に気が付かぬ。 以前も何度かこのネタを書いたから今回は書かんが、ホントにメンドクサイ。 だからこうだったでしょ!? と言ったところで右から左。 特に健康や医療では、そのツケを後で大きく支払う事になるにもかかわらず。

サポーターでも枕でも靴でもチャリでもサプリでも、安いからカッコイイから可愛いからで選んでみたり、医院その物も本質で選ばず、近いから保険がきくから安いからで選んでみたり。 ちょっとでも自分の欲を押させて物事考えてみれば、今までとは違った答えが出てくるのに。


この十数年、現職で一番学んだ事。 それは“苦しい時こそ自分の軸をブラしてはならない”と言う事。

確かに暇だったり、諸々上手くいっていないと様々な欲が出る。 安売りしてセールスに力を入れてみたり、不必要に媚を売ってみたり。 自分の仕事は人に気に入られる事では無く治す事だ。 たとえそれが嫌われたとしても、嫌われる事を恐れて避けてはならないと。 口で言うのは簡単だが、周りを見ているとそれが出来ている熱い人間はもの凄く少ない事に気が付く。


コレを読んでいる子供・学生以外、大人に言っておこう。

遊びを頑張っていても偉くは無い。 仕事を頑張れ! 然すれば社会も周りの人間も皆必ず幸せになる事だろう。 損して得取れ!! 苦労は必ず報われるのだから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年07月06日 08:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「デブとの永久決別法」です。

次の投稿は「何事もバランスが大切」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36