« 野球少年の肩障害 | メイン | 整体院じゃありません。 »

交通事故保険診療

110630a.jpg

嫌な傾向。 交通事故による自賠責保険診療の患者がこの一ヶ月多くなっている。

直球でイヤラシイ話しをすれば、社会保険や国民傾向保険の診療より、損害保険会社による自賠責保険の治療の方が仕事になる。 要は収入的に“オイシイ”と言う事だ。

もともとウチは10数年、保険外診療一本でやって来たので、やれる事に限りがある保険診療でダラダラ毎日来させるより、週に一、二回のGeneral Cureで診た方が短期間で、しかも予後も良く、患者も損保会社も本来は一番ハッピー。

だが現在の多くの保険診療は損得勘定や無意味な規則で、結果全員が損をする。

おそらく一番得をするのは医療施設であろう。 だが、当然ダラダラ治療儲け主義は、いずれボロが出、保険がきくから安いからと言って来た、質の低い患者以外は全員去る。 昨今の不景気で患者激減なところほどソンナところ。

昨日もバイク事故で来られた馴染みの患者さん、頭部に頸部、背部に下腿に足関節と整形の診断も久しぶりに可哀そうなもの。 保険屋の対応うんぬんカンヌンよりも、先ずは後遺残らぬよう最善・適切な治療が最優先。 その為に全力を尽くすのが我々の仕事であり使命。


結果、 “交通事故は大得意!!” と、うたっている治療院は信用しないって事ダ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年06月30日 08:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「野球少年の肩障害」です。

次の投稿は「整体院じゃありません。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36