« 私は他人と違います | メイン | 最近の高校球児に中手骨骨折が多い理由とは?! »

靴の修理やってマス。

110617a.jpg

馴染みの患者さんダケにね。

昔靴メーカーだったんだから、そんくらいはやりますわ。 もち、タダで。

他に患者に頼まれる事、ケータイ・スマホの設定。コリャ最近だけでも5、6件。 スタッフなんか当たり前のように買った翌日持ってきやがる。 ショップで聞ケヨ!ショップで。

車の板金も年2件ぐらい。 最近はアルミホイールの修正。 あと、オバちゃん患者の原チャリ。乗りっぱなしでボロボロのやつ。 一度なんかプーリーとクラッチのメンテ。何故だかドンピシャのウェイトローラー持ってるし。

あと多いのがチャリ、特にMTBのセッティングや調整修正はしょっちゅう。しかもリーマーもあるのが不思議。 そのうちホイールでも組む勢いで。(笑)

若いときゃ、時間があったが金が無かったので車もバイクも自分で直したモンだ。 エンジン下ろしてバラして、タペット調整やって...etc    田舎の爺さんなんか何でも直せると思っているのか、バイクはもちろん、耕運機からグラインダー、洗濯機にサッシに果ては石油ファンヒーターまで直して欲しいと。   直せネーって!!  直したケド。

超有名海外アイウェアメーカー勤務の友人T君。 いつもその場でサササッとメガネの調整をやって見せる。 コレがまた驚く程かけ心地が良くなる。 サスガ職人、プロ!

しかし人の治療は修理のようにはいかぬモノ。 ココの違いをどう理解しているか?! 機械のように説明書読んで、その通りにやれば治ると思っていたら大間違い! その発想を根本から覆してから始まる。 そこが難しくもあり面白いところ。

そんな事を今朝もラボでトレッドミルの修理をしながら思う...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!