« 筋力不足に骨格の歪み、アライメント以外の原因 | メイン | 頭痛外来 群発性頭痛 »

眼底検査のスタッフ研修

110609a.jpg

昔のお医者さんは沢山話しを聞いて、目診て喉診て診察してくれた。 だが今はパソコンしか見ていないと多くの年配患者が言う。 そこまで極端ではないのだろうが、明らかに患者を見るスタンスが変わった事に、患者側が違和感を感じているのは事実であろう。

検査はあくまで診察を確定するもの。 検査で診断診察するものでは無い。

脊柱や四肢の痛みであっても、筋肉や骨格以外の原因は山ほどある。 筋骨格系ならばある程度のモーション検査で確定は出来る。 しかし内科的な問題はなかなかそうはいかない。

そこで小生が開院以来、真っ先に取り入れたのは眼底検査。 この眼底検査からは様々な事が分かる。 緑内障や網膜剥離はもちろん、糖尿病性網膜症、眼底出血、網膜色素変性症、眼内腫瘍、視神経萎縮、乳頭浮腫、脳腫瘍、くも膜下出血などあげたらキリが無い。

眼底の血管は人間の体の中で唯一直接に血管を観察できる部位のため、そこを観察することで動脈硬化、脳腫瘍、高血圧などの全身の病気が推察でき、生活習慣病の検査としてもとても有効である。 また眼底には脳へと繋がる視神経の出入り口があり、脳内の血管の状態も推測でき、脳の病気や診断にも役立つ、高血圧や糖尿病による血管の変化を見るうえで欠かせない重要な検査なのだ。

動脈硬化性変化にキースワグナー度、研修は果てしないがのんびりやるとしますか...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!