« 痛くてパンパンコンパートメント | メイン | 良いモノが必ず残るとは限らない »

メンドクサくて楽しいコト

110529a.jpg

マズはメンドクサイ事。

実は本日午後臨時休診して、患者十数名引き連れ一泊二日で尾瀬へイキマス。

誰が晴れか雨かは知らんが、バッチリドンピシャ台風大雨注意報。 しかしそれを大雨だ、台風だ、大変だと騒いだところでどうしょうも無い。 逆に不安を煽るだけ。 大切なのはその準備。 「大丈夫ッスよ、為るようになるから」と言って、水面下で準備しときゃイイ話し。 今どき天気予報など幾らでも腐るほど誰でも入手できる。 そんな事そんな情報いくら流したって、地震の時と一緒でただ不安を煽るだけ。

重要な事、冷静に慌てず不安を煽らず、安心させる。 ナンカあったら全員担いで行くぐらいの男気で。(笑)


んで、楽しい事。

実は先日、ある人とちょっとした打ち合わせを。 初対面なその人、きっかけはほぼチェンメ。 毎日それなりに大量にやって来るチェンメ。それなりにフィルター掛けてもどうしてもそれなりに受信。 当然過去オールスルーだったのだが、何故かどうしても気になって。

ある意味怪しさ満点のそのメール、百も承知で返信を。 まぁ、それなりにググりはしましたが。 

会社もワリと近く、しかもフットワークも軽く翌日すぐアポに。 20代で企業のその彼、イヤこれがなかなかの好青年。  

しかし世の中不思議なものだ。 ナンとその彼、友人がウチの患者とキタもんだ。 ネットやツイッター上の、広浅ナ出会いを大切にとは微塵も思わんが、流石にリアルじゃ信用するワ。 コレでナンカあっても諦めも作って事で。

それにその彼からはパワーも感じる。 40半ばの内外名実ともにオッサンで初老域な小生。 イヤラシイ若づくりも当に限界。 何を話すにしても、コレはイイかな、コリャ今は言わん方が、様子見だなとか色々考えてしまうが、流石若いだけあって会話にパワーがハリが、元気がある。 純粋に手と手を取れればと感じられた。

小生の世代、年齢は一番勘違い人間が多い。 若者では当に無いが、目上の人間から見ればまだまだ未熟者。 幾ら経歴経験を語ろうと、本質本物には程遠い。 しかも若いパワーも既にゼロ。 だからこそ逆にパワーと経験を上手にうまくバランスを取って挑まねばならぬ世代。 人間性が一番出る世代。  そんな事をその彼から少し考えさせられた。 理論、ウンチクでは無く、今一度人間性で接しようと思う。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!