« 治癒の方程式 | メイン | MRIを理解せずして信用し »

独立の不安と貢献

110507a.jpg

今朝いつも通り何気なくラジオを聞いていると、最近フリーへ転身した某男性アナウンサーがゲスト出演していた。

ナビゲーターが、フリーへ転身について奥様は何と言っていましたかと言う質問に、『まず、「大丈夫なの?」 と言いました。 次に『貴方にメリットはあっても、世間にメリットはあるの?!」と言われました。』と言っていた。

知人友人にも職種問わず、幾人も独立・起業した者がいた。 しかし残念ながら必ずしも全員が順調に行く訳では無い。 現在音信不通な者も数名いるのが現実。

小生は家族無く独立したが、独身だからこその選択肢。 万が一にも結婚、家族がいたら100%無い選択肢だと未だにそう考える。

自分はやりたい事をするのだから、当人には基本前しか見えてはいないのだが、周りの人間はどうか? そのアナウンサーは奥様の質問に即答出来なかった、いや、しなかったそうだ。

この手の質問に小生の同業は『困った患者を治す!』と直ぐに口先から出るが、イヤイヤ、十分金儲けが出てますって、其処ここらに。

そもそも世の中への貢献度について考える奥様なんて、小生は聞いた事、出逢った事は無い。 自分達だけでは無い、世間の人、皆が幸せ、自分だけ得してでは無いそのお考えに朝から少し感動。

奥様も含めそのアナウンサーの方を今後応援したくなった。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年05月07日 09:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「治癒の方程式」です。

次の投稿は「MRIを理解せずして信用し」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36