« 地震酔いと扁桃体 後編 | メイン | 保険診療に対するモラルとリーガル »

小学5年生と成長期痛

110427a.jpg

とても痛がると言って子供を連れてくる親に説明している事、その話しの一つを覚書で。


特に一昨年より急激に増えた、成長期痛だと言われてやって来る小中学生。 特に小学5年生に集中。 しかもその殆ど全てが接骨院からの転院。 その理由も含めて下記へ。 

ひと言で成長期と言っても、一般型、神経型、生殖型、そしてリンパ型と幾つかに分かれる。

骨格や筋肉の成長は一般型になり、良く耳にする成長期痛は多くの場合、骨や肉を指すのでココで言う一般型に入る。 当然子供は18才をピークに徐々に成長するが、15歳前後で少しその曲線が急になり、容姿が子供から大人へ変化する。

生殖型については14歳からその勾配は急激に変化し、18才でほぼ大人と同レベルの活性を示す。

もっともその発育が早期に表れるのが神経型で、小学低学年までにその発育はほぼ完了。スポーツであれ音楽であれ勉強であれ、親のエゴで一つの事を極めさせるのでは無く、様々な事に取り組ませる事が重要なのだ。

さて、今回一番問題になるのがリンパ型。 リンパ型成長曲線は小5から中2の間で急激に山を迎え、しかもその時期、他の型の約2倍の活性を示す。 

このリンパ型、免疫力といえば分かり易いだろう。 良く知られる免疫の疾患と言えばリウマチがある。 リウマチは免疫異常により自分で自分を攻撃、傷つけてしまう疾患。 痛い痛い痛い、辛い辛い辛いと過剰に過敏に、キリキリカリカリが他人でも見てとれる。

この時期の子供は痛いと言うより、 “痛がる” 。 痛くないと言うのでは無く、もちろん嘘や仮病を使っているのではないのだが、とにかく痛がるのだ。 だが、痛がるわりには昼休みに走り回っていたりもする。

その時期を適切にどう過ごすかが最重要になる。 痛みを止めても避けても、後に大きな他の問題を生んでしまう。 正確な臨床研究データはまだ無いが、ストレスに弱い、社会に不適合な心身に、大人になってしまうのではとも考えられている。

しかし残念ながら小生も日々頑張って取り組んではいるのだが、実際は5人に1人がすぐに来なくなってしまったりもする。 これは子供本人以上に親の方が不安なケースが殆ど。 親は誰でも不安だろうが、親本人のこらえ性が他の親より圧倒的に低く、病院を連れまわし様々な治療、刺激を受けさせてしまう結果になる。 


此処で何故、接骨院からの転院が多いのかと言う理由。 過敏・敏感が生むこのケース、治療で避けたい物が電気治療や針やマッサージ、時にはストレッチさえも。敏感なところに刺激を送るのは逆効果なのだ。

小生が昔から、未だに常日頃懸念している、安近短な接骨院や整形外科に納得もしないまま通わせる。 ただただ揉んでもらいに、気持ちイイからと言う理由で。


乱暴に言えばこの成長期痛、何をしたって時が過ぎればある程度は何となく治まる。ダラダラ通って来てもそのうち良くなる。  だから子供の成長期痛は治せる、スポーツをする子供が得意です!という同業が街に溢れる。 何の根拠も無い治療でも。

子供の将来を真剣に考えてみて欲しい。 本当に今何が必要なのかを。 こんな時世だから見えてくる筈だ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!