« フルマラソン、ウルトラマラソン参加者サポート | メイン | ソーラーでエコ節電なクリニック »

尊敬

110417a.jpg

性別や年齢、例えそれがかなり年下学生であっても、自分には無い物を持っている人には尊敬の念を抱く。

その中に在っても、特に自分の身の回りで緊張もするが尊敬する人たちが数名いる。

Jリーグとプロ野球のスカウトマンの方、現在アンチドーピング委員会も務める元オリンピック選手である大学の先生、そして大変残念な事実だが先日永眠された医師であるK先生。 一週間前に普通に会っていただけに、未だに現実を受け入れられません。

大変厳しい一面もおありだったが、その腕の良さは大変評判で、遠方からも数多くの患者さんが後を絶たなかった。 勿論予約も一ヶ月待ち以上が数年続いてた。

実は10年以上前から病状は思わしくなく、それでも尚日々診療を行い、入院され一時退院中も院で患者の為に仕事をこなしていた。 いったいどんな気持ちだったのだろう。 健常である人間には到底想像などつかぬ事だろう。 

本当に良い先生、本物の医師、人間として最も素晴らしい人とは誰だろう。

好みや相性などと言う言葉でのより好み、近い安い、今すぐ診てくれるからと言うだけで選ぶような価値観の人間には、絶対出逢う事が出来ぬ本物の医師。 奇しくもK先生のお名前には尊敬の“敬”という文字が御有りになる。 小生は勿論、全ての患者、周りの全ての方から尊敬されていた素晴らしいお人柄の、本物の医師であった。


小生には一生辿り着く事など出来ぬだろうが、永遠の目標である。


K先生、本当に本当に今までお疲れ様でした。此れからはゆっくりお休みください。 あとは今の何倍も何十倍も我々が頑張りますから。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!