« 幸せな休日 | メイン | 戦争と原爆から学んだ事 »

無神経な業種

110323a.jpg

今回の震災、様々なところにまだまだ大きな爪痕を残している。 

被災も無く、停電程度、混雑程度で文句を言っている我々は人としてどうであろうか。
むしろその程度で済んでいる事に感謝し、授かった生命・使命を人として使わねばならないのだが。

町田で商売をしている友人は、地震以来客足が遠のいているという。 しかも停電が有る日は客は入れられず、さぁ停電終わりました来て下さいと言っても来る事は無いと。

小生のところは幸いにも今現在停電には遭遇していないが、それでも暇である。まぁそもそも暇であるから開き直ってはいるが。

それとは逆な事をある患者が言っていた。 コンビニに勤めるその人が言うには、地震後2日は通常の3日分売り上げが有り、店長は喜んでいたと。 当然その後は品薄で低迷するが、一時でも喜んだと言う事に違和感と不信感を抱いたという。

ネットでもこれを期に商売しようとする輩もいる。 もしくは自分の商売は影響が無いせいか、無神経な言動をしている者もいる。 様々な方面に配慮を欠いた者、当然本人は気が付かぬ。

アラブの大富豪が大金を恵まれない者に寄付をし、自分の善意に陶酔するが、豪遊生活は変わりはしない。 小生の親友とも呼べる友人が、ある悪役プロレスラーの話しで例え偽善であれやらぬよりやる方が良いのは当然だと言っていた。 わざとアンキャッチなコピーを言っていたが、十分男気に溢れ、超善意魂の塊である。

昨今話題に問題になるプロ野球開幕問題。開幕を決めたトップのオヤジはどんだけ魂が有るのか!? 全然困ってネーから無神経な奴らだと思われても仕方が無い。 一部の人間達のせいでその業種・業界が無神経だと判を押されてしまうのである。 男気溢れる選手たちの意を汲んでいない人間がトップに立っている事実に、今後選手会は立ち向かう事にきっとなるだろう。

良い悪いでは無く、問題はハート。 大切なのはその心。 心使いと言う様に、意気消沈した者に一番必要なのは心をどう届けるか、使うかなのである。

今現在のネットは今思った事が発言が、すぐに多くに配信されてしまう。しかもなかなか取り消す事が出来ない。 まぁ、子供の頃親に一度口から出た言葉は取り消せないんだぞ!と言われて育った事が無い世代・人間なのだろう。


多くの者がまだまだ苦しい生活を虐げられる現在、本物のお互いを思いやる配慮のある気持ち、行動を取らねばならない。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年03月23日 08:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「幸せな休日」です。

次の投稿は「戦争と原爆から学んだ事」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36