« 今日のお勉強は電磁波と赤外線 | メイン | 電気治療と小学生 »

ブログとツイッターと新患さん

110208a.jpg

最近では新規でやって来る、紹介以外の患者さん大半がネット検索である。

以前、我々の職種は何よりもNTTの電話帳検索が圧倒的に多かった。 しかし時代の流れだろう、4、5年前からその数をネット検索が上回った。

当初、ネット検索でやって来る患者さんは皆、治す事に真剣であり、他では無く当院を選んだ明確な理由を持っており、症状の説明、治療の提案を真面目に真剣に受け止めてくれた。
しかし最近その状況が少し変化しつつある。 看板やチラシよりも、必ずしもネット検索でやって来る患者が真剣では無いケースもある。 簡単に言えば、それだけネット自体が身近に簡単に、手軽に使える道具になったのだろう。 毒を吐けば安易に使い、安直にその情報を鵜呑みにする人間が増えたのであろう。

情報が多く、“考える” という能力が低下してしまっている。 いや、そもそも選ぶ事と考える事を混同しているのだろう。 
考えると言う事は、分からないところから頭を使うと言う事。 知らないから分からない。 それは単純に思いつかないと言う。 「知らない事はいくら考えたって分からないじゃないか!」 なんて輩もいるが、既に自滅。 考える努力も、答えを導き出す模索すらしていない。

ネットで我々のような職種を見極めるのはいたって簡単。 

まず数カ月未更新は問題外。 次にブログ。 食べ物や植物、自分の子供の成長日記状態はあり得ない。 主婦の趣味ブログじゃあるまいし。

治療に、治すと言う事にどれだけ真剣か。

最近ではツイッターなるモノが中心になりつつあるが、口からポロっと出るつぶやきだからこそ、ボロが出やすい。 

有益な情報、自分にとって何が有益なのか、是非考えてネット検索してみて欲しいものだ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2011年02月08日 08:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今日のお勉強は電磁波と赤外線」です。

次の投稿は「電気治療と小学生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36