« ゴロゴロクルンでポールストレッチ | メイン | 治療なのか、訓練なのか!? »

分かり易い広告ほどダメな店

110127a.jpg

わりと最近、この5、6回付き合いのある20代後半の男性患者さん。 物静かな彼なのだが、実はけっこう小生はお気に入りだったりする。

昨日の治療中にも、身体の構造、運動の動作分解について説明をしていた。 運動不足だから肩が凝るなんて、そんな低レベルなちゃちな説明では無く、スタビリティー、モビリティー、お互いの代償運動について頸椎、胸椎・胸郭、腰椎・仙腸部の役割も説明した。

当然簡単に説明などは出来ない。それは内容や説明の手法に問題があるのでは無く、難しい本をいきなり読めと言って頭に入らないのと同じで、読むタイミング、説明のタイミングも重要なのだ。 痛い時は痛くなる説明を、良くなってきたら良くなった説明を、更に動けるようにするには動ける説明を、その時に合わせて当人が共感できるタイミングで説明する事が重要なのである。

小生が今回云いたいのは医療や身体、ましてや病院へ行ってもどこへ行っても治らないという説明が、簡単にできる訳が無いのだという事。 近所で安くて楽しいところを探しているのであれば、そんな心理など簡単に掴む広告で充分。 心底困っている人間が、そんな短絡的な広告に惹かれている時点で、自分で自分の事が一番分かっていない、だから結局治らない典型パターンの人間。

最近何度も書いているが、リラクゼーション以外の効果など全く無い酸素カプセルを、さも怪我が早く治ると言っている病院やサロンの広告に騙されてみたり(2.5気圧程度圧力をかける事が出来る高気圧酸素治療は本物)、○○在住××さん70歳が1回の治療で治りました的な、昔よくあった、腕の無いおばさん治療家が情に訴える広告にまんまと引っ掛かったりする。 騙される、惹かれる方のレベルも低いが、そもそもそんな広告を打つ客寄せ先生が問題外なのだが。

惹かれると言う事は、今の自分が欲している事に会ったと言う事。 今の自分以上の物を手に入れたいのであれば、今の自分が欲している以上の事、むしろ今の自分が欲している事以外、欲していない事を理解し手に入れなければ何も変わらないのだ。

物に溢れ、何でも簡単に手に出来る昨今、何でも簡単に自分の思い通りになるが故、心のパワーが著しく失われていると日々感じる。 治る治らないは、そんなところが分かれ目なのだ。 冒頭に登場したその彼からは、小生の方が学ぶ事が有ったりもする。 月1回、2千円3千円程度でも治し、キープできる患者の具体例も彼だな。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!