« 試合大会その前後 | メイン | ダンベルピクニック »

肉食女子と細マッチョ

101119b.jpg

もうかれこれ、ビルの2Fにリハ・トレーニング施設を作って9年近くになる。
当初はなかなか利用者も増えず、まぁこちらもやりたくない者を無理にやらせてはと、程々の位置づけにしていた。

徐々に利用する患者は増えてきたが、一気に増え始めたのは昨年から。それだけ健康・自己管理意識が世間的に高まったのであろう。 今回はその利用者における効果の出る人、出ない人の話を書いてみたい。

一番効果の出ているのは50代以降の女性。 この人たちがダントツで優秀。 逆にダメなのは20代女子。 男性は30前後。20代前半でも30、40代でも無い。

この両者に共通しているのが、 “週1回必ず” と言う事。  週2でも無く、来たり来なかったりでも無い。 キッチリ必ず週1回。 上記該当の女性は誰一人太っても腰痛でも無くなっている。 

男性では典型な男の子がいる。 もうかれこれ8年以上付き合いがあるが、トレーニングも6年近く。しかもキッチリ週1回。 週2回来た事はおそらく一度も無いだろう。 元はかなり細めな彼であったが、まぁ最近ではそれはみごとな細マッチョ。 ガリ痩せ脂肪極少で、たまたま筋肉が分かり易いだけのウソ細マッチョとは訳が違う。 正真正銘の細マッチョ。 真面目で根気・継続のたまもの。

キッチリ無理せずやって来る人にもうひとつ共通している事が、“設備・ハードより、指導・ソフトの重要性をしっかり理解している” 事。

若い女性と自分の体力に自信過信がある男性、今はまだギリ良いと思っているようだが、徐々に確実に下っ腹がブニャブニャブニョブニョ浸食してきているのだ。 ゴリゴリガツガツ損得勘定でやっても、結局ナンもゲット出来ずで淋しい思い。ガツガツやってもダメな理由がある事に気が付かんのだろう。

言ってもしょうが無いので小生も必要以上に指摘はせんが、こちらの指導と経験が重んじられなかった事に悲しみと努力不足を覚える。 おそらくそれを一定の人生経験のある人が理解して頂けているのであろう。 その期待と信用に答えるべく、更なる努力もせねばダ。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年11月19日 09:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「試合大会その前後」です。

次の投稿は「ダンベルピクニック」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36