« 子供のスポーツ障害、やりながら治せ! | メイン | トレーニングの意味と意義 »

痛くなけりゃ、ケアしない人間。

101030a.jpg

スポーツだろうと勉強だろうと、何でも段階と言うものがある。 治療でもそうだ。

今やっている事とはまた別の事。 むしろ治療では今やっている事より、次のステップの方が重要だったりする事が多い。

そこに辿り着けるかどうかはその人の思考であり、欲が左右し答えが決まる。

自分はこうやりたい、ああして欲しい。 興味がある、好きな事は子供でも出来る。
興味の無い事は必要無いと、潜在的に思っているのではと言う葛藤することこそが重要。

痛くないから身体を診てもらう必要無い。しっかり動いて、スポーツ、自己管理しているからケアなど必要無いと思っている。 そもそも治療とケアを同じだと考えている。

欲しい物しか見えない子供と同じ。 大人なら他人に意見に耳を傾ける度量ぐらい身につけろ。 『え~、そうなの~!?』っと、あからさまに顔に出ているようじゃ、ゴールなど夢のまた夢だ...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!