« 車も身体もエコ減税 | メイン | Wake Me Up When September Ends »

柿とスポーツと利尿作用

100916a.jpg

今日の関東地方は広範囲で雨模様。ひと雨ごとにググッと気温も下がり、真夏ともいよいよオサラバ。

さて、秋と言えば我が町“柿生”は文字通り柿一色。鮮やかなオレンジ色がいたる所で目に入る。

柿は身体を冷やすとよく言われるが、あれは柿に多く含まれるカリウムの利尿作用からきている話し。 しかしもちろん、悪い事ばかりでは無い。

たとえば肥満や血圧が高めな人には適度な運動が推奨されるのは当たり前。適度な運動は利尿作用が促進され尿の排泄量が増え、循環血液量が正常化される。 当然カリウムを多く含む柿はその効果を補助する。

もちろん炎天下での激しい運動時では逆に注意が必要だが、運動強度が上がると抗利尿ホルモンの分泌が増え、上手に体内の水分調整をするのだ。 人間の身体はよく出来ているものだ。

だからスポーツに柿は厳禁とは少々オーバーな通説。 トイレが近い人は柿を避ける前に適切な運動をしろと小生は言いたい。 ちょこちょこっとネットやテレビで聞きかじった知識だけで行動するもんじゃない。 何事も頭を使い、適切・適度に自分の判断で行動しろよと言う事だ。


オマケだが、昔話にも柿は身体を冷やす話があるのでYou Tubeで見ると面白い。
『干し柿と塩びき』(http://www.youtube.com/watch?v=fc_qL3yH6r4)

まっ、厳密には干し柿の方が栄養価が高いから生より身体は冷えないそうだ...

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!

About

2010年09月16日 08:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「車も身体もエコ減税」です。

次の投稿は「Wake Me Up When September Ends」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36