« 今年はぎっくり腰完全ブロック! | メイン | 亜急性の考え方と保険診療 »

痛みの答えとは?!

100907a.jpg

最近面白い事を言われた。

『何処にも痛みの答えが載っていないのですが。』 と。

まぁ過去何十も言い続け書き続けてきたが、何でも簡単に入手できると思い込み、勘違いをしている世の中になってしまった。

そもそも誰かに何かをきいて真似をする事に、不信感・違和感を多くの人間が感じ無くなっている。 テレビでみのさんが納豆が良いと言えば毎日納豆ばかりを食い、ほとぼりが冷めたら今度は毎朝バナナばかり。 食事はバランスよく食べましょうと、子供でも知っているのに進んで偏って食べる。

問題は納豆にも、バナナにも、みのさんにも無い。 それは自分自身でとことん試行錯誤する事を殆どせず、他人への依存が多い事に問題がある。 この試行錯誤、考えると言う事に医学的知識は全く要らない。 むしろ小学生の方がよく考え、自分の状況を伝えてくる。

よく、知り合いで無い同業者から、『毎日ブログを読んでます』というメールを頂く。これは治療家冥利に尽きる。 何処よりも誰よりも痛みの答え、“真意を突いている”と意見を頂く。

治る治らない、治せる治せないは、みのもんたテレビ状態に疑問を持っているかどうかだと言っておこう。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!