« 打撲に捻挫、ぎっくり腰シーズンピーク | メイン | 連日連続アキレス腱断裂! »

スポーツとシューズの関係(捻挫・足底筋膜)

100820a.jpg

さて、最近毎日打撲や捻挫、肉離れの患者さんがいらっしゃいます。 しかも皆さんガッツリ治したいと言ってやって来る患者さん。 

昨日のバリバリ体育系二名の方なんか、超本領発揮デス。 社会人経験も豊富な方で、とても目が肥えていらっしゃる。 だからこそ現状治療に不満と不安を抱き、厳しい目線でやって来ます。 コチラとしてもやりがいも、ワクワクゾクゾクもしてきます。

どんなに痛くてもスポーツを完全中止、禁止しないのが現在のスポーツリハ・治療の世界の大原則。本読んでその気になってる自己満足先生ほど古いし、しかも選手や患者の立場に真剣になりきれていないのが実状・現状なのです。 痛いの腫れたの治してもらいたい人は、一生その輪廻から脱出出来ない治療で満足なのでしょうが。

昨日のACL(前十字靭帯 )手術後の予後ケア相談は、やる事はシンプルなのですが非常に質とレベルの高いコミュニケーションが要求されます。 ですが先ほども書いた通り、コチラが楽しくなってしまうほど、きっとその患者さんはうまく行きます!

ACL断裂はもちろん、膝・足関節の予後にシューズは非常に重要な存在になって来ます。 ですが、コチラも間違った理論で、型取り・治療を進めるエセ足病医しか日本に居ないのが、コレマタ実情です。

メルクマニュアルからの抜粋ですが、足底筋膜炎とは、『筋膜炎という病名は筋膜の「炎症」を意味しますが、この病気は実際には炎症というよりは、足底筋膜に繰り返し負荷がかかることによって起こります。足底筋膜に過度の負荷がかかると、小さな断裂が生じます。足底筋膜炎はかかとの痛みを起こす最も一般的な原因です。』と書かれています。

この文章の深さ・難しさ、最大の問題点を含んでいる事にお気づきでしょうか? 合ってる間違っているでしか文章を読めない方には、到底到達・理解出来ないでしょう。

スポーツシューズメーカだからこそ、しかも今だからこそ言える正しい靴の説明。 ココカラが本領発揮デス。 ホントにワクワクしてきましたわ。(笑)

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!