« 夏の二の腕トレーニングの意味 | メイン | 太りたくないなら、答えは筋肉。 »

40歳以後、同じ食事をしてもなぜ太る?!

100803a.jpg

肥満対策、ダイエット・減量はもちろん、糖尿病等各種成人病の予防の基本は食事療法と運動療法です。

運動によって単にエネルギーを消費するだけでなく、筋肉への糖の取り込みが良くなります。30分程度のウォーキングでも、毎日行えば40%も増加します。しかもこの効果は運動中だけではなく運動後も長時間にわたり持続します。

40歳以後、同じ食事をしていても太るのはなぜでしょうか。これは何もしなくても消費するエネルギー(基礎代謝)が減少するためです。

それではどこで消費されるのでしょうか? 答えは筋肉なのです。筋肉で全体の40%が使われます。中年以後太る原因は筋肉の量が減り基礎代謝が落ちるためなのです。

有酸素運動だけをしていて、食事制限をして体重が落ちても、それは一時的なものなのです。 俗に言うリバウンドが起きやすい状態を、すすんで自ら作っているようなものなのです。

筋肉トレーニングに付いて、詳しくは後日また書きたいと思います。

代謝の上がるこの時期だから、シッカリと体力・筋力づくりをして太りにくい身体を作ってみましょう。

asao_logo.png
↑ メインサイトもご覧下さい!